一点突破か、複合スキルか、社会の変遷から2020年以降の能力開発を考える

社会の変遷と重宝される能力

人の能力は社会の変化に伴って形を変えてきました。下記に時代ごとの社会の変遷をまとめてみます。

職人の時代

産業革命以前の手作業の時代です。その人しかできない技があり、職人といわれる人が時代を作っていました。

マニュアルの時代

企業に就職してサラリーマンとして働くことが一般的になってきた時代です。仕事ができる社員の働き方をマニュアル化して他の社員でもできるようにして汎用化、収益化を測りました。

コンピュータの時代

ウィンドウズが出てきて、誰でもコンピューターを使えるようになた時代です。コンピューターを使いこなすことで、1を10にすることが簡単にできるようになりました。

AIの時代

現在訪れてきている、考える動作をAIに置き換えていく時代です。AIを使うことで、人を限りなく少なくすることが可能になりました。

一点突破のスキルセットで生き抜く方法

一点突破のスキルセットで生き抜く方法

宮大工などし伝統工芸的な分野でのスキルが重宝されます。ただし、必要度が上がるとマニュアル化されて汎用的なセットに置き換えられてしまいます。自分がどう生き抜くかよりも、社会情勢的に必要なスキルかどうかを見極めた方が生き残りやすくなります。

複合スキルで生き抜く方法

複合スキルで生き抜く方法

デザイン、プログラム、マーケなどをある程度極めた上で他分野を同じように開発します。一つのスキルに依存しないため複合的にものが考えられます。新しい情報に興味を持ち続け、今熱いスキルを取り続けると老害化しにくくなります。

2020年以降、AI時代における人に必要とされるスキルとか

AIの発展により人間の考えるという処理を自動で行ってくれるようになります。そうすると、未だに解決されていないものすごく深い問題か、高度な分野で複合的に絡まった問題が残ります。これらをそれぞれ解く必要はなく、AIを使いこなしながら最善策を探し、トライアンドエラーを繰り返しながら進めるという新しいスキルが必要になってくると思われます。

結論としては、スキルとしてはいかにAIを使いこなせるかのスキルが大切になり、それをベースにさまざまなことを進めていくことになると思われます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *